2017/10/10

人参嫌い(思い出)・・・今も・・・旧ブログより移転

 時々人参を使用した料理、食品などの記事を拝見する。
 その都度、現在小6の孫2号が幼稚園年少組み(3歳)の時、先生に
「ジジはウソつきなんだよ」と告げ口されたことが思い出される!

自宅の近くのママ友にも同じことを!
先生「どんな嘘をつくの」

2号「人参嫌いなのに超大好きと言うんだよ」

先生「大好きなら良く食べるでしょう」

2号「全然食べないんだよ」

先生「何故」

2号「好きなら食べなよというと超大好きだからこんな美味しいものは皆に食べさせてあげたい思いやり だといって残すんだよ、本当は嫌いなのにウソつくんだよ」と先生から聞いたとママ(愛娘)から聞かされた。
 
 最近は「ジジは人参超大好き」といっても昔の様に「ウッソだぁ~い」という反応がなく無視、からかいでが無く一寸さびしい!
 
 孫1号(現中学)が5歳当時ゲームなどすると「勝負帖」に勝敗を記録してあるが負けると覚えたての字で「バツゲーム人参一本食べろ」(これ)と書かれる!

全く面目ない!関連過去記事雑感「食べすぎ嫌いとカエル」(この記事)

(2011、7,16旧ブログ投稿記事)
2017/09/07

半世紀前の旅行と写真(麻雀仲間関連)・・・旧ブログより移転

 昭和37年大学卒業を控えた3月、コンピューター関連企業に就職も決まりすることもないので九州一人旅に出発。

 東京発熊本出水行の夜行で福岡乗り換え宮崎へ青島等見物油津の旅館で学生割引一泊400円で宿泊。

 翌日は霧島等経由桜島へ、林芙美子の「花の命は短くて・・・」の碑を読んでいると突然目の前の桜島が大噴火、近くの土産物店の店員「避難してください」と、桜島が噴火するたびに思い出す。

 鹿児島から電車の乗り継ぎが悪く指宿駅前広場で暫し次の電車待ち、すると前のパチンコ屋から見慣れた顔、何と数日前まで毎日あっていた麻雀仲間が数人、事前に連絡もしていなくて全くの偶然にびっくり!
 彼らは長崎、熊本周り、こちらは宮崎経由と反対周り!

 彼らは麻雀卓を持ち夜行列車内でも通路で麻雀をしていたとは・・・記念に皆で写真を!(5年前初めて写真の存在を知る)
 
 今でこそ遊び旅行はラフな格好だが皆学生なのに背広にネクタイ!

 昭和34年には今もコメントを頂くみさわよう様との二人旅も背広にネクタイとはやはり時代かも!
 その時お世話になったみさわよう様のご親戚と中之島公園で(多分)


 2枚とも半世紀以上前、学生時代の写真…今も変わらずと思っているのだが、気持ちだけかも!

 長崎平和像前

 昭和34年3月9日現天皇陛下御成婚日前日みさわよう様に撮ってもらう・・・後ろはガイド付きラッキー観光タクシーに乗車していた新婚旅行客の筈。
 (2013、9、13旧ブログ投稿記事)   
2017/08/29

68年前の今日(集団疎開先より帰宅)・・・旧ブログより移転

 68年前の今日(多分?)、集団疎開先の長野県望月から帰り着いた東京杉並、中央線中野駅から見た光景はいまだに忘れられない。

 環状7号線の内側(都心側)は見渡す限りの焼け野原、所々に焼け焦げた大木、電信柱、学校の防火壁など今映画として宣伝している少年Hの焼け野原の描写そのものであった。

 戦争が激しくなり出した昭和19年、従来1万m上空を飛んでいたB29もだんだん高度を下げて飛ぶようになり庭に作った防空壕に逃げ込む頻度が多くなったと記憶している。

 兄たちが集団疎開に当たり、もはや家族全員で集まることはできないのではと、写真機(カメラ)など各家庭に無い時代落語に出てくる堀之内妙法寺前の写真館(妙法寺の境内)で家族全員の写真を撮り、父親が裏に名前年齢を書き、皆肌身離さず持つように渡された。父41歳、母31歳と書かれている。
 
 最後の集団疎開の際自宅前で写真屋の息子の鈴木さんと!
 


 集団疎開先望月の旅館はそばに豚小屋があり8月15日終戦日に米軍の飛行機が母艦に帰るのに軽くするためか爆弾を投下、豚小屋近くに落下、豚全滅、おかげで帰宅学童全員に豚肉の塊が土産に持たされた。
 我が家は次男、長女と自遊人の3ブロック、冷蔵庫等ない時代長期保存が出来ず、近所の方々に喜ばれた記憶がある。

 そこらじゅうに焼夷弾の残り筒や、不発弾などがあり、仲間は不発弾探しをしていた、信管を抜き中のドロドロの油を取り燃料にするためで今思えば非常に危険なことをしていた仲間がいた。

 勉強は?・・・延焼を免れた役所の出先機関や寺にミカン箱を机代わりにして勉強?したものである。

 国民学校2年生は集団疎開はなかったとの記事を拝見したので・・・!
(2013、8、18旧ブログ投稿記事)
2017/08/26

富士登山の思いで・・・旧ブログより移転

  富士山界隈が世界文化遺産に登録された。
丁度60年前の高校1年時に柔道部の仲間3人と登った時の写真を改めてみると当時のことが思いだされる。

 当時は明るい内に富士吉田駅に着きそこから浅間神社にお参り後、登山道を登る昔ながらの登山。

 5合目までの登山道は自衛隊の三脚付きの機関砲が登山道に向いているし登山道には所どころ明治時代の茶店か柱だけ残った廃屋などもあり人っ子一人見当たらず、まことに不気味。

 今でこそ弾丸登山など話題になるが当時も同じ夜通し歩き、頂上でご来光を見て、すぐに下山が当たり前!
 当時の写真を、頂上で


 頂上から山中湖を見る


 下山中


 下山後山中湖で仲間と、左:本橋さん、右:田代さん


 当時歩くこと11時間疲労困憊でもう絶対登らないと思ったが2年後(高3)再度登山、その時も同じ富士吉田駅から歩き始めて9時間。

 矢張り富士山は下から眺めるものと山中湖畔に別荘地を購入し、度々行ったが数年後売却(多分建物建築規制だったと思う)。

 山中湖を泳いで横断したことも、岸辺近くは腹につきそうな水草がゆらゆらその気持ち悪いこと今でも思い出す。
 (2013、6、24旧ブログ投稿記事)
2017/08/21

古いビデオテープ・・・旧ブログより移転

 各部屋のテレビ、今は全て薄型だかブラウン管22インチ1台は捨てきれず納戸の中!

たまたま来た息子納戸に入り
「なぜ捨てないの」

「ビデオと一体型だし、まだ時々見たいテープも2本あるので」

「DVDに変換してあげるよ」

「それはありがたいすぐ捨てるよ」

 外に出した廃棄予定のビデオ一体型テレビ


 保管していたテープはこれ


 下のテープは磐梯山登山と檜原湖でまだ現役の水泳部員だった泳ぎを昭和35年に8ミリで撮影したものをビデオテープに変換!

  磐梯山頂上


  今と大して変わらず・・・エ、凄く無理があるって・・・そうかなぁ~!

  桧原湖畔で飯盒炊飯(弟と)


  檜原湖で


 水泳、動画投稿したいのだが方法がわからず断念、その内方法が判った時にほれぼれする華麗な泳ぎ披露するつもり。

 上は平成8年にNHK全国ネットで放映された隠れ家建設過程を局からいただいたもの!

 昔の画像を見るとその時々で懐かしさが異なるのはそれなりに歳を重ねて来たからかも…記録媒体の変化などはすぐに対応できるが・・・その当時の体力は・・・!
(2012、10、31旧ブログ投稿記事)