2017/06/23

古希オーバー北海道海岸線一周ツーリング記録(写真)!

 2009年7月7日柏出発→(常磐道)→大洗→(フェリー1泊)→北海道苫小牧→えりも岬(泊)→釧路→根室(泊)→知床峠→網走(泊)→稚内(泊)→留萌→石狩→小樽→岩内(泊)→松前→函館(泊)→洞爺湖(泊)→室蘭→苫小牧→(フェリー1泊)大洗→(常磐道)→自宅
 大洗フェリー乗り場!
 
 えりも岬!
  
 十勝川!
  
 釧路湿原!
  
 きりたっぷ岬!
 
 納沙布岬!
 
 知床峠万年雪有り・・・薄手羽毛持参大正解…数日後大雪山系ツアー遭難事故あり!
 
 オシンコシンの滝
  
 オホーツクライン!
  
 宗谷岬
 
  
 ノシャップ岬(利尻富士を望む)!
 
 オロロンライン・・・利尻富士を望む!
 

 積丹半島はトンネル崩落事故で多くの方が亡くなり遊びで行くに忍びず黙とうだけで通過!
翌日は低気圧通過一日中豪雨、カメラ2台とも雨対策不十分で駄目以降携帯カメラで!
 松前
  
 大沼国道!
  
 洞爺湖!
  
 昭和新山・室蘭地球岬
  
 是非行きたかった与謝野鉄幹、晶子夫妻が歌を詠んだ室蘭の測量山に!
 

 頂上駐車場付近の草で隠れた溝に足を取られて転倒、草むらとバイクに足を挟まれ立ちあがることがことが出来ずにいると遠く離れたベンチにいた中年オーバーのご夫妻が飛んできて助けて頂く…感謝、感謝!
2017/06/22

古希ツーリング記録(写真)!

 2008年10月4日柏自宅→(中央自動車道、北陸自動車道)→京都天橋立(泊)→山陰→島根県浜田(泊)→(浜田自動車道、広島自動車道、山陽自動車道)→広島県(泊)→山口県→(山陽自動車道、九州自動車道)→熊本県阿蘇(泊)→宮崎県→大分県(泊)→福岡県門司→(フェリー二泊三日)東京→柏自宅、走行距離2400㌔!
 
 広島宿泊ホテル!
  
  
 錦帯橋をわたり対岸へ!
  
  
  
 松陰神社!
  
 阿蘇!
 
 阿蘇山火口駐車場!
 
 高千穂神社!
   
 
  
 
   
 別府地獄めぐり後
 福岡県門司港からフェリー(二泊三日)で東京へ!
  

 大分県別府温泉、地獄めぐり最中某地獄受付前でバイク転倒、傍らのベンチに座っていた中年のタクシー運転手に手助けを求めたが無視されベンチから去って行かれる、最後の地獄前でまたその運転手に会い声をかけられる「もっといい場所があるが俺の車に乗らないか案内するよ」だと・・・30分ほど前にも還暦オーバーの夫人に道を尋ねるが「いい加減な教え方だな」と思ったが、やはりあらぬ場所へ・・・景色や美味しいものより、人の親切に触れるとその土地にまた行きたくなるが多分別府には2度と行くことはないだろう!

2017/06/19

初めてのツーリング!

 最近、数人の方々がブログに古い写真を載せており拝見していると、まだ懐古趣味にはほど遠いいと思っていますがそれなりに当時を思い出して懐かしくなります。

 そこで当方も初めてのツーリング時の写真を!

 東京都杉並区→神奈川県三浦半島先端の城ヶ島

 ほんの53年前・・・1956年撮影(ホンダベンリー125cc)

 今とたいして変わらず・の・つ・も・り!
(2009、9、17旧ブログ投稿記事)
2016/10/27

ツーリング日和!

 昨日は快晴、絶好のツーリング日和、エンジン始動!
 まずは中央ニュータウン北総花の丘公園へ!
 

 珍しい赤そば・高嶺ルビーは散策している方に聞くと台風や豪雨の影響で今一とはちょっと残念、花言葉は「懐かしい思い出あなたを救う」とのこと!


 西印旛沼へ!
 

 佐倉方面「草ぶえの丘」へ、十数年ぶりだが見るべきものはバラ程度で一人の散策は・・・と入り口で写真を撮り印旛沼方面へ!
  

 さらに佐倉の風車場所へ!
 
 
  

 印西木下近く瓢箪池で ユリウス(金襴紫蘇)
 
 

 我孫子国際野外美術展へ!
 

 昨年も来ているが一応作品を数点ご紹介!
  
 (作者ご本人、公開ご了解いただく)

  

  

  

  

 登竜門
 

 頂いたパンフレットの解説を読むと皆それなりに高尚な解説だが芸術的センスがないのでその良さはまったくと言っていいほどわからない!

 快晴で気温も高くなり走行時は快適、走行以外は暑くジャケットを脱いでの散策だったが、まずまず満足いくツーリング堪能!
2016/01/18

紀州ツーリング時受けた親切(蛯名SA、GSの方)

 先日ツーリングの際二日目和歌山の方々の大変親切な対応に感銘を受けたがツーリング全体で特に印象に残り、有り難かったのは蛯名SAガソリンスタンドの方。

 3日目帰り新東名から東名に入り夕方、ガソリンを入れるため蛯名SAに入りエンジンを止め先ずは腹ごしらえと7○○円のラーメン注文「え、これが7○○のラーメン?????」(後日SAの店舗を管理している友人との会話は後日機会があれば!)

 だがその後スタンドまで行こうとバイク、キーをオンにするがニュートラルランプがつかない当然スターターを押すがエンジンはかからない、いろいろ操作するがランプなど全てつかない。

 仕方なく100mほど離れたガソリンスタンドまで押していきスタンドの方(3~40代の方)に事情を説明、その方もいろいろ見て操作したがピクリともしない。

 やむを得ず保険会社東京海上に電話して助けを呼ぼうと「事故補償ドライバーカード」で電話番号を確認していると突然
「ストップランプがつきましたのでエンジンがかかるかもしれませんよ」と!

 スターターをオンすると軽快なエンジン音

 スタンドの方「多分電気系統の接触が悪いのでしょう、これを止めるとまた動かなくなるかもしれません、すぐ出発の準備をしてください」

「でも一度エンジンを止めてガソリンを入れないと自宅まで100キロ以上はあるので持たないかもしれません」

「エンジンをかけたままガソリンを入れますから締め切った端のスタンドまでそのまま移動してください」

 その後エンジンを止めると再起動出来ない恐れもあるのでトイレ休憩もせずに一気に自宅までひやひや運転、何とか深夜無事自宅に着弾、ほっと一息!

 蛯名SAガソリンスタンドの方、長時間面倒をかけたにもかかわらず親切に対応した頂き誠にありがとうございました。 
(旧ブログ2013,11,16投稿記事)