2016/12/31

雑煮・・・旧ブログより移転(再認識の為に)

 「雑煮」                 平成12年1月1日 自遊人 

 新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 企業人時代、正月は家庭人に戻りほっと寛げる時間であり、心新たにしたものである。

 本来は歳神様の来臨を祝うものである。地方によっては祖霊(先祖の霊)を迎えて祝うとも言われており、盆と並んで年中行事の中ではもっとも大切なものである。

 正月には昔から色々な風習やしきたりがある。初詣、お屠蘇、お節料理、お雑煮、そしてお年玉、幾つになっても心安らぐもの。
 
羽根つき、凧上げ、独楽回し、風を切る音、回す音等で悪霊を払う等正月の子供の遊びはいづれも歳神様の祭りにあった意味を持っているようである。

 正月の料理が「雑煮」何故、正式な料理なのに雑な煮物なのだろうか、調べて見てみると、誰が作るのかだけは奥方には内緒のほうがいいのかも!

 物の本によると雑煮は大晦日に歳神様に備えた餅や食べ物を一つの鍋に入れて煮込み、元旦に皆で分けて食べたから雑煮と言うとのこと。又、新年第一の料理である「お節料理」の余ったものをみな入れて煮たから「雑煮」との説もあった。

 雑煮は各家庭により作り方や具もまちまち、塩鮭やいくらをたっぷり入れた北海道の雑煮、ちゃんぽんの具を入れた長崎、あん入り丸餅の高松の雑煮等種々雑多。

 家族の数だけ丸餅を作り、神様にそなえた後に戴く、歳神様の魂をわけてもらうという風習、これを「お年玉」と言ったとも、お年玉は子供にお金をあげることではなく、お餅を歳神様に供える事だったのであるが、こんな事を子供に説明しても「フン」と言われるだけだと思う。
 
 正月料理である「雑煮」は歳男、つまりその家の主人(男)が作るのが正式なやり方である、と明記されていた。 皆様も正月こそ昔からの言い伝えにそって厨房に立ち家族思いを立証したらどうか!主人の威厳が保てるかも!
 
  格言:人生一分を減省せば、すなわち一分を超脱す・・・菜根譚
 (2009、1、1 旧ブログ投稿記事)
2016/12/30

猫の花札を教えている孫・・・旧ブログより移転

一昨日の記事「しょうぶちょう」で頂いたコメントに対して「相手がいないと猫に[花札しよう]と札を並べた」と返事に書きましたが、それは当時8歳児が「俺、幼稚園(5歳)の時、リズ(猫の愛称)に花札教えた」と言ったからでした。

教えてる?写真!

「キャットフードかけよう!」といったかどうかは聞いていません!
(2010、6、21旧ブログ投稿記事)
2016/12/29

孫とのしょうぶちょう(勝負帳)・・・旧ブログより移転

 最近、野球賭博などテレビ・新聞紙面などをにぎわしているがマージャン、花札まで同じ土俵に上がっているとは驚き!

孫には色々な勝負事、遊び方(囲碁、将棋、花札、トランプ、サイコロ,マージャン等)を教えてその結果を「しょうぶちょう」に記録している。

一才6ヶ月の幼児との花札などお咎めはあるのかな?

今、証拠を提示、自己申告しておけば笑って済ませてくれるだろう。

しょうぶちょう(02年)
DSCN7113 (500x383)
 各々のページにその時の状況、言葉など付け加えている、何時読み返してもほのぼのする。

  5歳児「ジジは二人の時はよわっこいなー!ジジ俺に勝つのは100年早い、と吠えてる!」などと!
負けると覚えたての字でジジの嫌いなニンジンを「ばつげーむにんじんいっぽんたべろ」と!
DSCN7114 (400x319)

 孫3号(一才6ヶ月)初花札記録(05年)
 3号が勝つと一才6ヶ月児「イヒヒヒ!」

 8歳児(1号)「まさか負けるとは思わなかった!」と記録にある。

 現在も3冊目で続いているが、遊びながらの殴り書きで汚らしいがこの証拠物件は何時までも保存しておきたいものである。
 (2010、6,19旧ブログ投稿記事)
2016/12/28

小鳥達の監視人・の・つもり!

昨日午前中本降りの雨、昼ごろ雨が止むと前日には見なかった十数羽の小鳥の一団、
中にメジロ、シジュウカラ、エナガは確認できた。
 下にシジュウカラ・上にエナガ!
 
 
 エナガ!
 

 メジロ上下に2羽!
 

 その後毎日来てくれるジョウビタキのオスが単独で来てくれた!
 昨年までジョウビタキは薄模様のメスばかりでオスはたまに見る程度だったが今年はオスだけ、メス未だ見ず!
 ジョウビタキオス!
 

 万両をつばみ始めたヒヨドリ!
 

 ツグミ
 

 ここ毎日可愛い小鳥たちの監視人の気分!
2016/12/27

庭に来た仲間達(小鳥)!

 昨日は空気は冷たくどんより曇り空だが庭には多くの仲間たちが来てくれた。
 群れで来る一団は気が付かなかったが昨日は殆ど単独行動!

 ツグミ、オナガドリ、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ、歓迎しないヒヨドリ等

 ツグミ(黄ピラカンサスの中央部)
 

 オナガドリ
 

 ヒヨドリ
 

 メジロ
 

 シジュウカラ
 

 ジョウビタキ雄
 
  

 スズメも仲間入り!
 

 いつも来るエナガが見えないのはちょっとさびしい・・・!
2016/12/26

ダイダイ採る・最後の柑橘色づく・小鳥!

 ダイダイは足かけ3年実をつけているので代々続くのでダイダイと言うとのこと。

 子孫繁栄の縁起物として正月飾りに欠かせないものと言われているので少し収穫!

 正面の大きめでしわの多いいダイダイは昨年から来年まで実をつける物(足かけ3年間)。
 
  

 庭の柑橘系既に色づいたのはミカン(収穫済み)、柚子、八朔、ダイダイだが最後の柑橘系キンカン、ポンカンが色づいてきた。
 今迄:柚子              八朔
  

 キンカン
 
 
 ポンカン
 

 寒々しい冬柑橘系の爽やかなオレンジ色は温かみをもたらせてくれる!

 昨日来てくれた友達(小鳥)!
 ツグミ(中央水仙の後ろ)
 
 

 毎日来てくれるジョウビタキ雄!
  

2016/12/25

冬眠始めたカエルを起こす・可愛い小鳥達!

 今年のサフュニア等咲き終った鉢の土を来年も使用するため山にして苦土石灰などをまぶし、さらに土再生土を加えて時々撹拌のため山を前後に移動させる、すると来年使用時は立派な再生土になるはず!

 前回山の移動は1ケ月ほど前だったので昨日2回目の移動を始めて8割ほど進んだ場所に中から大きいカエル!
 
 
 
 冬眠を初めていたのに起こしてしまい可哀そうなことをしたとミニ富士の移動は中止して山を元に戻して部屋から山を見るとすぐにジョウビタキが来た。
 
 山を移動中に出てきたミミズを見つけたのかも!

 夕方4時過ぎ薄暗くなり初めに10羽ほどの小鳥の一団、エナガが多く、メジロまでは確認できたが中に確認できない小鳥も!
 同じ枠内に4羽・3羽はエナガ・右上はエナガかジョウビタキかはっきり確認できず!
 

 エナガ
 

 メジロ
 

 ジョウビタキらしい?
 

 もう少し明るい時に来てくれると傍らの野鳥ガイドではっきり確認できるのだが残念!
 
2016/12/23

福寿草芽を出す・他!

 今咲いている日本水仙は年を超えても爽やかな香りを漂わせてくれるが新年最初に咲く、春を呼ぶ福寿草が芽を出し始めた!
 日本水仙ミノウとグランドモナーク!
 

 芽を出した福寿草!
 

 塀際に隠れた場所で万年青の可愛らしい実を発見!
 

 小鳥が啄ばみ始めた万両!
 白実万両
 

 無数にある万両赤
 

 昨日来てくれた可愛い小鳥10羽ほどの一団は殆どがエナガだったがそのあと同じキューイ棚にジョウビタキも!
 可愛いふっくらしたエナガ!
 

 ジョウビタキ!
 

 今季初めて目の前の芝生に来てくれたツグミ、写真を構える間もなくヒヨドリに追い払われる・・・可哀そう!
 
2016/12/22

可愛い小鳥達!

 昨日は冬至なのに日中は暖かくポカポカ陽気1か月前に逆戻りだとか、暖かいのでしばし庭の雑草取り、部屋に入りパソコンに向かうと目の前にキジバト(多分夫婦)、蒔いたエサを啄ばみ始めたが食べ終わると満足したのか芝生で日向ぼっこ!
 
 
 「君たち夫婦でしょ、どうしてお尻を向けあっているの???」
 のんびりしているキジバトをヒヨドリが追い払おうと突っ掛って行くが体格の差かどこ吹く風でヒヨはあきらめか!

 夕方近く10羽ほどの小鳥の一団、中に3種類の可愛い小鳥を確認!
 エナガ
 

 シジュウカラ
 

 メジロ
 

 メジロとエナガ
 

 室内でカメラを向けているとヒヨドリが2羽で皆を追い払う・・・仲良くしなければ駄目だよ!
2016/12/21

白鳥飛来地へプチツーリング!

 朝起きると空気は冷たいが程々の天気なので先日入手した白井市の白井観光МAPに白鳥飛来地の調整池があるとのことで完全武装でエンジン始動!
 
 初めての場所、調整池はそれなりの広さだが白鳥は12羽ほど、その他無数の水鳥・・・!
 調整池・・・金網の隙間から!
 
 
 
 水鳥は殆どがオナガガモ
 
 

 住宅街の中の調整池で道路際前面金網なので写真を撮るには今一、平成5年(6羽)からの飛来記録が張り出されていた。
 今年の飛来記録!
 

 「白鳥飛来地」とのネームから期待したが周りの景色など今一なのでいつもの下手賀川発作橋へ!
 川沿いを含めると50羽ほど確認(ここの白鳥は殆ど留め鳥・・・渡りをしない)ここの、水鳥は殆どがオオバン!
 
 
 

 取り込んでみると上下に首がある二首白鳥!
 

 手を差し伸べると首でハートを作ってくれたとの思い・・・幸せ!
 

 矢張り白鳥見物は周りに人家が無いツーリングコースのこの場所が一番かも・・・個人的なしこうだが!