2017/03/31

春本番まじか!

 昨日長閑な田園を思わせるコースを散歩、途中道路脇の田んぼ端の水たまりを覗くともそもそ這いだしたザリガニ!
 
 

 三時草(多肉植物爆蘭:ハゼラン)が咲き出した。
 一週間程前、住宅街を散歩、いつも沢山の綺麗な花々を手入れしているお宅の前を通るとご夫妻で花鉢の手入れ中!
 「移植中ですか、この小さい芽はなんという名前ですか?」

 「午後三時頃に咲くので一般的に三時草というのですよ、増えすぎたので少しお持ちになりませんか?」

 「鉢植えは面倒なので数年前に頂いた眉刷毛万年青以外はサフュニア程度で殆ど置いていないのですよ、特に冬室内に入れるのは・・・」

 「綺麗な黄色い花が咲きますよ、冬は軒下でも大丈夫ですよ」
 ありがたく頂いて来て、夜はカバーをかけていたが昨日午後1時頃可愛らしい花が咲き出した。
別に「花火草」と呼ぶとも・・・納得!
 

 午後2時半頃奥方に「三時草が咲き出したよ」と声を掛けたがすでにつぼんでいて、咲いている時間は短時間と聞いていたがこれほどだとは驚き!

 庭では咲き出した水仙!
  
  

 散り始めている杏にメジロ!
 
  
  
  
2017/03/30

「雪景色」・・・旧ブログより移転

  「雪景色」              平成13年1月21日 

 数日前から日本海側を中心に大雪の便り、この冬一番の寒気がもたらした大雪は各地で凍結による事故、転倒による怪我人、交通網もマヒ等との報道。今回の転倒による怪我人の出身地は何処かが気になるのは自遊人だけか?

 数年前の新聞記事「1月28日東京は大雪により転倒者が続出し救急車の出動115件、内怪我人105人、ほとんどが雪国の人だった」とある。

 昔、1年3ケ月程仙台勤務の時があったが、雪の季節になると近郊の素晴らしい雪景色が懐かしく思い出される、東北の雪景色は日常の嫌な事を忘れ、何とも言えない清々しい気分にさせてくれた。

 仙台は何時も風花がちらちら舞ってはいるが殆ど積もらず、冬将軍が来そうな時には近郊の観光協会や商店に電話「雪景色を見たいが、雪は降っていますか?どのくらい積もっていますか?」と。

 秋保温泉よりさらに山形方面に車を走らせると二口渓谷、その途中の村では「雪ん子祭り」街道の両側は軒並み雪の造形物、青年団が作ったような大きな物から、子供が作ったあどけない雪ダルマまで、子供が一生懸命作っている姿はほのぼのとさせてくれる。

 普段、見慣れた松島の五大堂の雪景色も又、見事であるが、そこから数百メートル塩釜よりの雄島は観光客も来ない人の足跡も無い一面の雪景色は目を見張る物がある。

 雪の山寺も又素晴らしい、殆ど訪れる人も居ない雪の積もった石段を登りつめ頂上の舞台からの眺めは墨絵の世界に紛れ込んだようでその素晴らしい景色には声も出ず。
 山門前の茶店はこの大雪では客も来ないと、炬燵に招かれ若奥様からの熱いお茶のもてなしを受けたのも良き思い出である。

 格言:事を処するに心あるべからず(心=下心)・・宋名臣言行録
 (2009、1、15旧ブログ投稿記事)
2017/03/29

八朔収穫・来てくれた仲間達(小鳥)!

 昨日朝シャッターを上げると久しぶりの晴れ間だが庭の養生中のサフィニアのカバーの上に溜まった水が凍っていたとは驚き!

 庭の八朔今年は大不作で数えられるほど、時々採っては食していたが観賞用の数個を残して最後の収穫!
  

 昨日来てくれた可愛い仲間達!
 散り始めた杏にメジロ!
 
 
 

 ジョウビタキ雄
 

 エナガ!
 
  

 コゲラ!
 
 
 
 

シジュウカラ!
 
 

2017/03/28

春雨の影響!

 前日は隣接する小学校の菜の花やカエルの卵を見て春の兆しと書いたが3日連続の雨で春が近くに来ているのか?と思える真冬並みの寒さ!

 時に本ぶりの雨で満開の杏が散り始め芝生は杏の花模様!
 
 

 柚子も落下!
 
 

 早く春を呼んでくれる雨(春霖・催花雨)だといいのだが!

2017/03/27

春の兆し!

 昨日は前日からの雨で寒く真冬に逆戻りだが千葉県知事選挙投票日!

 朝から「投票に行きましょう」との放送、雨の中投票所の小学校へ!

 校庭内は寒そうだが春の兆し!
 クジャク(左下にメス)!
 

 教室前!
 

 池にはカエルの卵の帯・・・まだ中で動き気配はないが春本番には可愛らしいオタマジャクシが泳いでいる筈!
  

 自宅の杏北側も満開・・・投票で通る方々杏と書かれた札を見て「綺麗杏とは珍しい」と、楽しんで頂いている様子!
  
 
 

 パソコンに向かうとキジバトが目の前に来て餌の要求!
  
2017/03/26

「夜釣り」・・・旧ブログより移転

  「夜釣り」            平成12年11月26日 

 先週、東北、陸中海岸国立公園に4泊5日の釣り行脚。
数日前から釣果を想像しながら釣り具の手入れ、岩場用、堤防用と道具を選別、竿10本、釣り糸の太さが異なるリール20個、浮き、重り、釣針等ダンボール3箱。

 正に紅葉真っ盛り、2日目、左右の紅葉を愛でながら海岸線を縫うような国道45号線を北上、気仙沼から突き出た唐桑半島の先端に。

 旅館に荷物を置き、早速事前に調査した釣り場え、暗くなり始めたので先ずは堤防へ、先端は裸電気が一つ、手元を見るには不自由はしないが、何せ始めての場所。明かりの下で年寄りが一人釣り糸を垂れていた。

 堤防の脇からは切り立った断崖、その所々に身をおける足場も有るが、薄暗がりが何とも不気味。下は波が打ち寄せて白く泡立ち大物が潜んでいる予感。

 息子は堤防と岩場の境辺りでルァーで釣り開始、こちらは暗い場所、狭い所、高所と合併恐怖症の為堤防の先端で、先ずは先人にご挨拶「ここは何が釣れるのですか?」「今の時期はヤリイカだよ、岩場ではソイが釣れるよ」と、確かに堤防から見ると裸電気でもハッキリとイカの泳ぐ姿を確認出来る程。

 早速、釣り糸を垂れると、すぐに30センチ程の型のいいヤリイカが釣れた、隣の先人に
「イヤー良く釣れますね」と語りかけると「いや、この向こうの岩場の方が良く釣れるよ、只、暗いし、足場が悪いので注意しなさいよ、つい、先日も地元の人が足を滑らせて落ちたんだよ」」「それで、助かりましたか?」「いや、消防団等出て探したが、釣り竿と携帯電話があっただけで見つからないのだよ、遺体は無いが今日が葬式だった・・」。

 慌てて、岩場の近くで釣りをしていた息子の所に行き「かくかく然々、との事だ・」と話すと「止めよう、止めよう、万一釣針に土左衛門でもかかったら大変だ」と、2日目の夜釣りは即中止、釣果ヤリイカ一匹、それも先人に提供。

 格言:智は禍(わざわい)を免れるるを貴(たっと)ぶ・・・三国史
 (2008、11、19旧ブログ投稿記事)
2017/03/25

庭の果樹花リレー第3弾(プラム)・小鳥達!

 プラムの花が咲き出した。
 

 ユスラウメ!
 

 ボケ!
 
 

 昨日来た仲間達(小鳥)
 ジョウビタキ雄!
 

 コゲラ!
  

 エナガ!
 
  
  

 ツグミ!
 
 
 庭の果樹花リレー第2弾は
2017/03/24

芝焼き!

 庭は40年以上住まいを変えても狭い庭だが中心部は芝生にしていた。

 例年芝焼きは虫が這い出ると言われている3月初めの啓蟄頃にしていたが昨年から手入れが面倒なので芝生を止めにしようと思っているが昨日一応残っている芝焼き!
 
 
 
 一昨年まで芝生手入れは3月初め芝焼き後全面根切り(多少掘り起し踏み固めたのを空気を入れ柔らかく)後目土をかけてならし芝芽が出そろう5~6月頃まで芝生に入るのを禁止、芝生がそろっても同じ場所を踏み固める卓球などさせなかったので孫達は大不満!

 手入れが面倒になりだした昨年から孫達の要求通り、芝生は止めて国際規格の大きい卓球台購入、孫達は昼間来て天気が良いと庭で卓球、同じ場所を踏み固めるのであちこち禿げているが雑草取りは一応気が向いたときに続けている!

 昨日、携帯でラインもできるようになったので孫3人に「寿司かステーキ食べに行こうよ、3人で来れば卓球も麻雀もできるね」と!
「都合つけて行くよ」と連絡あり!

 春休みだが2号3号ともサッカーで忙しそう・・・3人一緒に都合がつけば嬉しいのだが・・・!
2017/03/23

大工もビックリ・・・旧ブログより移転

 「大工もびっくり」              平成12年10月15日  

 奥久慈のドームハウスも建て始めてから既に10年以上経つが気持ちは未完成。
三角形のパネルを100枚以上組み立てた円形ドームだが、玄関や洗面所等円形からはみ出た部分は3角形では出来ず4角形。

 円形部分は3角形の組合せの為頑丈そのもの、玄関の屋根は丸い部分から一間外に出ているが、4角形の立ちパネルの上に乗っている仕組み、ところが屋根の重みに耐えられず、段々と立ちパネルが外側にひしゃげてくる始末。

 早速、パネルの購入元に電話「組立図面通りに建てたが、4角の立ちパネルが外側にひしゃげてきた、重量計算はどうなっているのか?」と再三連絡しても、なしのつぶて!返事を何時までも待つ訳にもいかず、ましてこちらは高所恐怖症やむなく近くの腕利きと評判の大工に改築依頼。

 普通大工仕事の日当は協会で料金が決まっている「一番の儲けは使用する材木で出るのだが、ドーム下には角材も含めて材料は山ほどある、これを有効に使いましょう」と儲けは出ずに残念そうだが、そこは顔見知り快く引き受けて呉れた。

 本職が改築作業をしているそばで、こちらも自前の道具を出してテーブル等を作成していると「お宅は大工関係と縁があったのでは!」と「一般の家で是ほどの道具は持っていないですよ、釘等充分家が建つ程お持ちだ、大体家一軒建てるのに釘は25キロ程使用しますが、見ると50キロ以上お持ちなので・・」と驚いた様子。

 釘以外でも金槌が大小12本、木を切る為の道具もチエンソー、テーブルソー、電気ノコ、ジクソー、手引き鋸大小9本等。更に一般家庭には見られない大ハンマーやコンクリートを割るツルハシ迄、何時の間にか増えてしまったのだが、整理整頓をしない不精者と思われるのも嫌で「実は金槌や鋸でも探せばまだ有るのですよ」と言えなく成ってしまった。
 
 奥方の「道具ばかりあってもネー・・」とは一体どういう意味なのだろう!

 格言:備えを以って時を待ち、時を以って事を興す・・・菅子
(2008、5、12旧ブログ投稿記事)
2017/03/22

キジバト・杏の花!

 昨日は前日のぽかぽか陽気から一転朝から一日中雨で寒く冬に逆戻りだったが東京では靖国神社の桜標本木が5輪咲き全国一早い桜開花宣言が出された。

 庭での小鳥達への餌やりはヒヨドリを呼ぶので止めて自然にまかせるようにしていたが朝パソコンに向かうとすぐ目の前に1羽のキジバトが餌催促の様子!

 目が合ったようなので仕方なく少し米粒を蒔くと、すぐに4羽のキジバト、普段は2羽か子供連れ3羽で来ていたが4羽は初めて!
 あまり歓迎しないキジバト!
 
 

 雨の中杏にメジロ、コゲラ、エナガが来ていたが離れた場所からはハッキリ撮れず小鳥撮りは断念!
 2階から雨に打たれている可愛らしい杏の花を、近くから・・・!