2017/04/04

菓子店訪問記ー4「濱田屋本店」(栃木県宇都宮市)・・・旧ブログより移転

 昔は参勤交代や日光東照宮見物の旅人で賑わい「小江戸」と呼ばれていた宇都宮、今では都市基盤整備が進み、近代的な商業都市の様相を見せている。

 立派に整備された宇都宮駅から商店街を抜け住宅街に入る一角に御菓子司濱田屋がある。
 両側に竹林を配し、程よい高さの竹垣、格子戸の玄関、八十年守り継がれた暖簾を入ると正面に木目を浮かせ、畳を利用した商品棚、茶杓、楽茶碗などの茶の湯の道具をも配してあり、ご主人の茶席菓子に対する思い入れの深さを感じることが出来る。

 茶席菓子は茶の湯とともに発展し伝統ある京都の名匠のもとで磨かき抜かれ、茶に調和した季節感に溢れる風味豊かな美しい菓子として、京都という雅びな風土ではぐくまれてきたといわれている。

 現在の三代目ご主人は二十二才の時、その一木一草にも歴史があると言われた京都で修行。「日本の四季が織りなす美しい自然の風物詩を情緒豊かに演出したもの、それが和菓子だと思う」とまた「菓子屋はお客様に対しても素材に対しても誠実でありたい」と誠にすがすがしい。

 「お客様のお名前は皆さん存じあげています」と奥様。殆どがお茶の先生方とのこと。茶の湯で使用されるのも、そのお菓子の美味しさ、お店の方々の心温まる応対の成せることだろう。

 「四季折々の茶の味を引き立てること、器との取り合わせなどを考えながら作っている時は本当に楽しいし、そのお菓子がお客様に喜んで貰えた時は職人として無情の喜びを感じる」と、満足感あふれる表情を見せてくれた。

 これからも菓子作りは、お客様の要望で作る家業的なやり方で自分が納得する和菓子を楽しく作りたいと。

 「日本の歴史、文化を反映している和菓子を今後どう後世に伝えられるか、若い人達も是非本当の和菓子の美味しさ、作る楽しさを知って欲しい、今こそ若い人達と、和菓子屋との歩み寄りが必要な時だ」と、熱心に話されたことが忘れられない。

 お菓子は心なごませるものだから、楽しく作ることを心掛けていると。その気持ちが込められた濱田屋本店さんの栞の一節を紹介させて戴く「一期一会の心を大切に、雅味を創りたきものと菓道追求の日々を、あり難く過ごしております」と。
 (2007、10、1旧ブログ投稿記事)