2017/07/31

終戦まじかの思いで・宝物!・・・旧ブログより移転

 毎年この時期になると戦中、戦後の事柄がテレビ、新聞に多く出るのでその当時を思い出す。

 昭和19年頃、住まい(東京杉並堀の内)近くの高台には高射砲陣地があり、砲身をのぞかせていた。

 時々B29が単独で1万mの高さを飛んでくると高射砲の音が聞こえ空に無数の白い塊、だがB29は悠然と飛び去る、その後、弾の破片と思われる鉄片が屋根にぱらぱらと落ちてくる。

 日本機も飛び立つがB29に近づけず引き返してくる。

 B29が飛来すると空襲警報が鳴り庭に掘った防空壕に入る。

 いよいよ米機の飛来が頻繁になると集団疎開が始まる。
 自宅前の掲示板(昭和19年)
 
「疎開していない学童は来る五日午前九時に必ず学校に集まれ・・・堀の内国民学校」と書かれている。

 集団疎開にあたり、家族全員再会は出来ないかも、との覚悟で写真館で家族集合(当時8人)写真を撮り裏に氏名生年月日を記載全員が持っていた。

 自遊人の宝物「砲弾破片、ベーゴマ、武者メンコ、ビー玉、双葉山のブロマイド(厚手)、など」を粉ミルク缶に入れて庭のユスラウメの木の根元に埋めた。

 昨日、長男に

「俺の小学生時代の宝物はどうなっているかな~」

「当時の住まいは今マンションが2棟も建っているので掘り起こされているよ」
だと。

 当時受けた教育勅語教育(生神様天皇の為に一身をささげろ・・)は特殊なものであるとのコメントを頂いたが、それにより命をなくされた多くの人々もいることを忘れてはならないと思う。
(2010、8、13旧ブログ投稿記事)
2017/07/30

白鳥の親子その後・・・旧ブログより移転

 ジジ公園ツリー基地改築用材料購入のためワゴン車で大型ホームセンターへ、小雨も降る天気、材料入手しても作業は無理、時間もあるのでちょっと遠回り、いつもバイクで行く郊外経由で!

 まずはなじみの白鳥にご挨拶、エ、1羽だけ!


 材料購入後再度川沿いを探すと1キロほど上流に親子、まだ産毛の子供が4羽


 車から出て写真を撮っていると餌を要求しているのか、子供を守るためか親が近づいてきた「それ以上近づかないで」と言っている様にも思える!


 子供も上がってきたので車に戻り脇から


 危害を加えないと見たか安心して戻っていく!



 何とも可愛い、今度会うときはバイクで来るよ!
 元気に成長するんだぞ!
(2012、7、11旧ブログより移転)
2017/07/28

ミニトマトアイコちゃんと仲間達!

  我が家のミニトマトは長年果肉が厚く雨にも裂けにくいアイコちゃんの連作、あちこちのエリヤから自然に芽を出しそのエリアの仲間と仲良く成長!

 アイコちゃんとサフュニア!
 勝手脇に生えてきたアイコちゃんが背丈を超える高さに成長、懸崖のサフュニアと競演立派な花実をつけ出した。
 
 
 

 高い場所にある換気扇排気口前にも花を咲かせているが一寸可哀そう・・・どうしたものか?
 

 アイコちゃんとキューイ!
 本来のアイコちゃんエリヤは度々収穫、食卓に彩りを添えているがここも背が高くなりキューイ棚を超える高さに・・・下の花は自然生えのサルビア!
 
 
 

 野菜の作り方の本にはミニトマトは成長したら脇芽を欠き、6房芽の下で摘心すること、とあるが何故そうするのかその訳は書いてない。

 昔は本に書いてある通りに脇芽を欠いていたがそのままにすると脇芽からも花が咲き、摘心しなくても高い場所で立派な実もなることが判ったので最近は殆どそのまま!
脇芽を欠き、摘心の必要性は多分成り過ぎて実が小さくなるからと思われる・・・味が変わらなければ小さくてもいい・・・ミニトマトなのだがら!
2017/07/26

豪雨!

 早朝激しい雨音で目を覚ます。

 久しぶりの激しい雨で低い場所は30㎝ほどの深さのミニ濁流低い方へゴミの流れ、数日前にナイヤガラもどきのツルニチニチソウを剪定しなければゴミを集めていたはず。
 

 これほどの激しい雨が予測できていれば咲き誇っていたサフュニアを下に降ろして雨対策を施すのだがまさかと思いそのままに・・・無残な姿!
 
 前日までの姿!
 

 庭の草花はマリーゴールドが数本倒れたぐらいで被害なし!
 

2017/07/25

ひまわり・ハス見物プチツーリング!

 連日の猛暑で外に出るのを躊躇していたが昨日は久しぶりの曇り空、あけぼの山農業公園のヒマワリが盛りとのことでエンジン始動!
 まさに盛り!
 
 
 
 いつものように皆と異なる方向を向いている偏屈ヒマワリ探し・・・有った!
 

 風車横池のハス!
 
 

 昨年ボボさんに教えて頂いた我孫子手賀沼沿いのヒマワリ畑とハス園へ!
 
 
 ハス園!
 
 

 更に手賀沼ハス群生地へ!
 赤の濃い今迄のハスは食用に適さないがこの群生地のハスは昔のレンコン畑を戦後そのままにしていたら大繁殖したとのこと!
 浄土の花とも言われているハスは淡い色合いが良いかも!
 
 
 
 
 走行中は風を受け快適だが止まると蒸し暑くやはり夏は信号の無い郊外走行が一番かも!

2017/07/24

ナイヤガラもどき剪定(2回目)!

 春先可愛らしい紫の花を咲かせていたツルニチニチソウ、塀の外側に沿って垂れ下がりナイヤガラもどきとして楽しんでいたが道路に流れ始め通行の邪魔になる恐れも出てきた!
 
 

 又、ゴミなどを吸い寄せるので気になっていたが猛暑の続く外の作業は熱中症の危険もあるので止めていた。

 塀際に寄せ集めれば通行の邪魔にはならないだろうと考えていたが昨日久しぶりの曇り空、多少の作業は可能と今年2回目の剪定!
 

 これでまた暫くはナイヤガラもどきとして楽しめるはず!
2017/07/23

サフュニア盛り!

 連日の猛暑の中玄関脇を彩るサフュニア盛り!
 
 
 
 
 

 早朝に萎み始めた花柄摘み、朝晩の根元への散水、通る方も時に「眼の保養になりますよ」と・・・花は手をかけただけ優しさを与えてくれるので楽しんで頂いている方も・・・喜ばしいこと!
2017/07/22

スイカ頂く!

 猛暑が続く中、熱中症予防に西瓜は最適と思っているので昨年はほぼ一人で8個、今年はすでに4個半!

 4月上旬に時々コメントを頂くサムさんから初物の八街の西瓜を頂き、無くなった頃また食べきれないと大きい西瓜の半身も!

 そろそろスイカ購入と思っていると昨日夕方玄関のチャイム、またサムさんからスイカを頂くありがたいこと、これで今年購入分も含めてすでに5個半!

 今回初めて今迄食したことが無い小ぶりの西瓜、小玉西瓜にしては大きく普通西瓜より多少小さい西瓜!
 早速半分に切り冷蔵庫へ!
 
 

 前回のブラックジャックは黒皮の下白部分が厚かったが(これ)頂いたのは非常に薄く冷えてから・・・楽しみ、楽しみ!
2017/07/21

インパチェンスの庭復活できるかな?

 30年ほど前、庭中インパチンスが咲き誇り通学する学童達からインパチンスの家と呼ばれていた時がある。
 その時代の芝生周り!
  
  
                    (トヨに巻きついているのは風船蔓
 インパチンスは春から冬霜が降りる時まで花の時期は長く、毎年種が飛び、自然に生えるし特段の虫もつかないので好んで育てていたが数年前からインパチエンスを食する頭がとんがったオンブバッタが繁殖昨年2~3株にまで減少!

 オンブバッタを初めて見た時は子供を背中に乗せて何と健気なしいと思っていたが背中に乗っている小さいのは雄だと判り、可愛らしとの気持ちは薄れ昨年殺虫剤散布!

 今年種から出た自然生えの苗を随所に移植、数か所で花が咲き出した。
 
 
  
  

 冬枯れる前に全て根から引き抜き廃棄する手間はかかるが翌年は更に可愛らしい花は増えているかも!
2017/07/20

紫蘇の実の塩漬け造り・・・旧ブログより移転

 「なすときゅうりの紫蘇の実漬け」を作ろうと昨年作の紫蘇の実の塩漬け
を出すとなんと2年前に作ったもの、やはり古すぎと廃棄、新たに塩漬けか
ら作り直し!
 まだある紫蘇の実採取、良く洗い水分を取り、塩もみ灰汁を捨て水洗い

 
 熱湯に通し<、流水で晒し水切り

 
 ペーパータオルなどで水分を取り、塩20パーセントの半分を良く混ぜて
保存ピンに入れて上部に残りの塩を平らにならして、熟成10日ほどで完成予定


 そのままでも良し、漬物に合わせるのもよし・・熟成待ち遠しい!
 (旧ブログ2012、10,10投稿記事)