2017/08/01

菓子店訪問記ー8「伊勢谷本店」(兵庫県姫路市)・・・旧ブログより移転

 『姫路には過ぎたるものが二つある、山のお城に玉椿』
 木々の緑の間から美しい姿を見せる白亜の天守閣、その壮麗にして緊密な美しさは人々の心を魅了してやまない。白鷺が羽を広げたような美しさから『白鷺城』の愛称で親しまれている国宝、姫路城。

 その時代の粋を集めて作られた壮大な芸術品、世界文化遺産にも登録され、世界一美しい城といわれているこのお城の中で生まれ、以来百六十年以上も愛され続けてきた、姫路の銘菓『玉椿』。
 姫路市の中心でこの二つの過ぎたるものに逢うことが出来た。

 『玉椿』は今から百七十年程前の江戸末期に姫路藩の家老、『河合寸翁』が城主『酒井忠学』と十一代将軍『徳川家斉』の娘『喜代姫』との婚礼の席にと伊勢屋に命じて作らせた和菓子である。『玉椿』には長寿、子宝を願うとの語源があり、これは中国の壮子の「上古に大椿あり、八千歳をもって春となし、八千歳をもって秋となす」との故事からきており、幾久しく将軍家との関係が続いて欲しいとの願いを込めたものとのこと。

 『玉椿』はその姿、形の美しさ、まろやかな舌ざわり、しかも城主の婚礼の祝いの心を託したと言われている銘菓である。素材もその当時としては貴重な卵の黄身に白小豆という最高の原料で作ったものでかなりの力の入れようが分かる。

 「菓子作りは常にこの第二の創業の原点を見つめ、伝統を守るのではなく、伝統を作っていくという心意気を忘れないようにしたい」と。誠に清々しい職人気質を見る思いがした。
 また「決して現状で甘んじることなく技術的にも製品面でも、より良いものを作る。常に勉強と創意工夫を怠らないようにし、市民の為になり、姫路の誇りともなり、日本中でも恥じることのないような菓子作りをしたい」とも。

 伊勢屋さんのその積極的な思考と、常に創意工夫をこらす探究心は時代を越えた今でも、脈々と受け継がれている。

 銘菓『玉椿』のように城主の肝入りで作られ、家老が名付け親という菓子は非常に珍しい。更に時代にあった改良を加えるという伊勢屋さんの希望に満ちた心意気が何とも嬉しい。

 歴史と文化のまち姫路の情報が凝縮された銘菓『玉椿』が土産品となり、御進物となって全国へ旅立ち、美しい白鷺城の思いと共に強い郷愁を誘うのではと思われてならない。
 (2007、10、4旧ブログ投稿記事)