2017/08/10

「法名」・・・旧ブログより移転!

 「法名」            平成11年12月19日

 10年程前、菩提寺(松戸市本土寺)の住職より「母親が既に戒名を持っているのでお子様たちは出費が無くて楽ですね、今の相場は戒名料として2~3百万円程かかりますよ・・・」と。
それを聞いた当時85歳の母親は「本来戒名などは檀家に無料でつくてくれてなにがしかのお布施でいいはず、もし負担を感じるなら子供たちは俗名でいい!」と。

 それならば、神道のように俗名の下に「命」(みこと)とでもつけるか、あるいは公園墓地に良くあるような、石に「和」とか「道」とかをつけるなどと話していると母親「そうだ、いとこに偉い僧侶がいる。お前達夫婦の戒名を頼んであげる」と。

 思いついたらすぐに行動する母親、早速京都見物をかねて鳥取米子の由緒ある寺院へ、ご住職「本来は菩提寺がつけるのだがつけてあげましょう」と、快く引き受けて頂き「それではお好きな文字を一字入れましょう。何がよろしいですか?」と。

 好きな文字と言われてもとっさに思いつかず、また考えてもさほどの文字は出てこず「それでは普段自遊人と気取っているので⦅遊⦆という字を入れてもらおうと皆に話したら「⦅遊ぶ⦆などとは不謹慎で住職に失礼だ」と猛反発。

 そこは気弱な自遊人、泣く泣く「ご住職にお任せしいたします」と。

 早速「・・院法宣日・居士」と「生まれつき能力があり、高らかに法を宣揚するようになる」と説明書きがあり、まことに立派な法名を頂いた。

 大昔、中学を卒業する際、日蓮宗の総本山である身延山の小坊主に内定、事前の挨拶も済ませていたことがあった。法の道に入る予定だったことを思えば不思議な法名である。

 元々、仏教では俗人が悟りを開いて修行を積むと僧侶の階層に入れて貰えるとされている。その際授戒という行事が行われ僧名にあたる戒名がつけられる。
一般人につけられる戒名は死後極楽に行くことを祈って来世に送り出される法名とのこと。

 格言:徳に順(したが)う者は昌(さか)え、徳に逆らう者は亡ぶ・・・漢書

コメント

非公開コメント